体のコラム

健康について考えるコラムです。お時間ある時にご覧ください。

『整形外科』に行く?『カイロプラクティック』に行く?

例えば「腰が痛い」という場合、皆さんはどこに行こうと思いますか?
最近では、リラクゼーションサロンからマッサージ、あるいは整形外科からカイロプラクティックまで多様な形態の店舗が存在し、どこに行ったらいいのか迷ってしまうという方も少なくないのではないでしょうか。

まず、ひとくちに「腰痛」とは言っても、様々な種類や痛み方があります。

  • 背中の筋肉の疲れから来るもの
  • 軟骨が痛んでしまっているもの
  • 腰の関節に炎症を起こしているもの
  • ストレスや内臓疾患から来るもの

ほかにも多々ありますが、その原因が身体の「ゆがみ」や「傾き」にある可能性があるとしたら、まず『カイロプラクティック』に行かれることをおすすめします。

整形外科では、問診から検査(レントゲン・MRI)を行い、場合によっては手術(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)の後、物理療法(電療、赤外線、牽引)を行い、湿布と痛み止めを処方されるといった流れが一般的だと言われています。

こうした治療法でも何も変化がない、あるいは一時的に良くなるもののすぐに痛みを再発してしまう方がいます。そこで考えられるのは、背骨や骨盤が根本的にゆがんでしまい、痛みを伴っているケースではないでしょうか。

一方、カイロプラクティックでは、基本的に脊柱と骨盤の関節の動きや、身体全体の傾斜バランスなどを見ていき、痛みの原因を探っていきます。当店でも実際、来店された方のほとんどは大なり小なり身体がゆがんでいます。

生活習慣や姿勢、座り方、立ち方などのちょっとした癖でも、人の身体はゆがんでいきます。ただ、身体に「ゆがみ」があるからといって必ずしも症状が出るとは限りません。実は、何も感じない方もたくさんいらっしゃるのです。

しかしこれを放っておくと、いずれはどこかに症状があらわれる可能性が高いです。そして、時間が経てば経つほど、「ゆがみ」を解消するのにも時間を必要としてしまいます。

こうした「ゆがみ」の発見方法として、まずはご家族や身近な方に簡単に見てもらうといいでしょう。真っ直ぐ立った状態で肩の高さが揃っているか、お尻の位置は左右均等かどうか、寝た状態で足の長さがきちんと揃っているか、などをチェックしてもらってみてください。

また、もっと簡単な方法としては、左右の靴底の擦り減りが同じかどうかを見てみるといいでしょう。左右の減り方が異なっていたり、外側だけ減っていたりしていませんか?

私たちの得意とする分野は、こうした「ゆがみ」からくる症状の改善です。もし、上記に該当するようであれば、まずは一度、早めに「ゆがみ」を解消しに来てください。

ページの先頭へ戻る