体のコラム

健康について考えるコラムです。お時間ある時にご覧ください。

ダイエット豆知識

昨今、女性のみならず、ポッコリお腹の“メタボ”を気にする男性にとっても身近になった『ダイエット』。基本的にダイエットを成功させるには「食事」・「運動」・「リバウンド予防」の3要素が不可欠だと言われています。
そこで今回のコラムでは、『ダイエット』の中で「食事」について注目してみました。

食事のコツ①1日3食適量が基本です。
摂取量を極端に減らすとリバウンドしやすいと言われています。 一日3食、きちんと適量を食べ、脂肪になりやすく高カロリーな揚げ物、脂身の多い肉魚、ファーストフード、スナック菓子、炭酸飲料などは控えましょう。 また、お米を主食にすることも重要です。お米に比べ、パンやパスタは脂質が多く、カロリーが高いのだそうです。

食事のコツ②炭水化物ダイエットの危険因子
近年では、お米などの炭水化物を食べずにダイエットする方法もよく耳にしますが、後の「リバウンド」が気になるところです。

その危険因子としては、①ダイエット後に今までの食事にプラスして炭水化物を摂ってしまう傾向があるということと、②体を動かすガソリンの役割を 担っている炭水化物を摂取していなかった為カラダに脂肪をできやすくし、それをエネルギーにしようと自己防衛する体質に変わってしまうからです。このやり 方でリバウンドを防ぐには大げさに言うと米、パンなどの穀物を一生食べてはいけないという極論に至ってしまうのです。

食事のコツ③栄養バランスが大事です
つまり、米を主食にし、おかずは低カロリー・低脂肪の豆腐,納豆,ささみ肉などからタンパク質を摂り、野菜などでビタミン,ミネラルを補給し、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

朝もしくは昼に、たくさん食べてしまっても、夕食までの時間である程度のカロリー消費は見込めます。しかし、朝昼に比べ夕食の量を増やす、または夕食が遅い時間になってしまうと、寝るまでの間にカロリーを消費しきれなくなり、体脂肪が減りにくい体質になってしまいます。

就寝の3時間前までには夕食を済ませ、できるだけ規則正しい食事時間・生活習慣を心がけましょう。

究極の秘奥義
ダイエットで一番の悩みの種は、カロリー制限をすると満腹感が得られずに過食しがちになってしまうという点ではないでしょうか。そこで役に立つのがチューインガムです。

食前15~30分程ガムを噛んでください。きっと、普段の食事より少なめの量で満腹感を覚えることでしょう。

さらに、よく噛んで食べ物を摂取すれば効果倍増なのは言うまでもありません。

ちなみに、短期間で食事制限をしすぎて急激に体重が減ったカラダは代謝能力が低下し、血液もドロドロの状態になりやすいため、リバウンドのリスクが激高するということも言われています。

今回のコラムでは、ほんの基本的な部分のみのご紹介でした。ダイエットに関しては、みなさま独自の方法もおありかと思いますし、自分に合った無理のない方法がベストです。

カイロプラクティックによる骨格からのアプローチと併せて、一緒に目標を達成しましょう!

ページの先頭へ戻る