アクセス方法

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとはギリシャ語のカイロ(Cheir=手)とプラクティコス(Praktikos=技術)を合成して作られた単語で、「手技療法」といった意味です。

カイロプラクティックの歴史

20世紀初頭アメリカの磁気施術家、D.D.パーマー(1845-1913)は様々な患者と接しているうちに、疑問が次々と浮かび、体の不調についてもう一度原点に戻って考え直してみようとしていました。

彼が最も疑問に思ったのは、身体の不調になったときに薬を飲むが、薬は身体の悪い部分にだけ作用させようとしても、他の正常な部分にも影響を及ぼしてしまうのではないかと考えました。さらに、一ヶ所の器官だけが不調になるのに、どうして他の部分は平気なのかが疑問でした。また、身体の中には自然に体の不調を治す力(自然治癒力)が存在していますが、この力が器官に届かないことでその器官が身体の不調に冒されるのではないかと考えました。

その後パーマーは、9年間にわたって体の不調についての理由付けを行った結果、神経系統の伝達が上手く伝わらないことが身体の不調の原因であると考えました。その異常を起こす原因として、「背骨の変化が神経を圧迫しているのでは?」という結論に達しました。
さっそく、彼は耳の不自由な知人の背骨を調べてみたところ、大きな骨の隆起に気付きました。それを、てこの原理で押してみたら大きな音とともに骨が動き、17年間聞こえなかった耳が聞こえるようになりました。これを機会にパーマーはさまざまな身体の不調に苦しむ人々を治癒へと導いていきました。
この矯正が、ギリシャ語でCHIRO(手)と、PRACTHIC(技)の二つの用語を合わせたカイロプラクティック(CHIRO・PRACTIC)と命名されたのが1895年9月18日のことです。カイロプラクティックの言葉は、薬も器具も用いず手技のみで矯正する事を意味しているのです。

このようにしてD.D.パーマーに発明されたカイロプラクティックも当時はその理論が未熟で、どこをどのようにアジャストメント(脊椎を手で矯正すること)すればいいのか不確かで、不必要な脊椎を動かすことも少なくなかったそうです。それでも身体の不調が緩和していく患者は増えていきました。
ところが、数多くの実績をあげながらも、その頃の医学界からは疑惑の目で見られていました。
そこでD.D.パーマーの息子であるB.J.パーマー(1882-1961)はB.J.カイロプラクティックリサーチセンターを設立して多くの優秀な医師たちを迎え入れ、最新の検査器具をそろえて、カイロプラクティックの矯正後の結果を最先端の医学で測定し、データをとり、医学界を納得させるようなレベルの高い医学的裏付けを実証したのです。

今日、アメリカや多くの国々で、カイロプラクティックは最も安全で理にかなった予防施術法として認知されています。

カイロプラクティックの効果

短時間で筋肉の緊張がなくなり、こりや痛みなどが解消されるのがカイロプラクティックの特徴です。
カイロプラクティックの手技で骨盤(カラダの土台)と背骨(カラダの柱)の歪みを矯正することで、関節の動き、神経伝達、筋肉の緊張などがその人本来の自然な状態に近づかせることができます。

しかし、一度矯正してバランスを整えたカラダでも、生活習慣(立ち方・座り方・仕事の動作)や無意識のクセ(カバンの持ち方・寝方)などによりまた歪みが生じた状態に戻ってしまうものです。そのため、特に最初のうちは、短い間隔でのご来院が、カラダにこのイイ状態をできるだけ長く定着させるためのコツです。

当院のベッド

当院で取り扱っていますベッドのご紹介です。

ベッドの名前は?

当院のカイロプラクティック専用ベッドの名前は「トムソンテーブル」。1900年代初期に、アメリカのカイロプラクティックドクター「クレイ・トムソン」さんが25年に渡って開発・改良した特許製品です。現在ではアメリカ・カナダ・オーストラリアなどで多く愛用されていますが、ハイスペックなため日本国内で導入している治療院はさほど多くはありません。

トムソンテーブルの特徴

当院で使用している型のトムソンテーブルは、頚椎・胸部・腰部・骨盤部それぞれのクッション部分がわずかに上下動する構造になっています。
このクッション部分が下がった際に生じるわずかな衝撃(慣性の法則)を利用することで、最小限の力で安全にカラダの各部を矯正することが可能となります。

あんしんの理由

このトムソンテーブルを活用した矯正方法ですと、患者さまの患部にも必要以上の負担がかからず、痛みなく治療を進めることができます。そのため、お子様からお年寄りまで安心して施術をお受けいただけるのです。

施術方法

当院で行う施術方法(テクニック)です。

トムソンテクニック

トムソンテクニックとは、頭部・胸部・腰部・骨盤部がそれぞれ個別に落下(ドロップ)する「トムソンテーブル」という特殊な専用ベッドを用いて行う治療法で、主に骨盤と首の骨格の歪みを中心に施術を行います。
患者の左右の脚の長さを比べる診断を行うことが主な特徴で、左右の脚の長さを診断することで、問題のある身体の部位を特定し、最適な施術を行うというテクニックです。 ベッドが部分的に落下するため身体に負担が残らず、短時間の矯正で高い効果が得られます。

ディバーシファイドテクニック

検査は基本的には視診・触診・関節の可動等の検査をするだけで、計器による測定やレントゲン分析は行わずに悪くなった部分を特定するテクニックです。
ねじる様な操作や瞬間的に押し込む操作を使った矯正が多く、現在カイロプラクターに最も普及し、日常的に多く用いられているものですが、このテクニックを単体で使っているカイロプラクターは少なく、実際には、ほとんどのカイロプラクターが他のテクニックと併用しています。

施術のコンセプト

当院では必ず骨盤~背骨の調整をします。そのため肩のコリでも骨盤は調整し、腰の痛みでも首の調整を行います。それが有効なことが経験上わかったからです。

人間は立つことが楽にできるように進化してきました。悪い立ち姿勢の場合、痛みが出てきたり、筋肉が固まってきます。

当店では体の中心にある背骨と、土台にあたる骨盤を調整することにより、立ち姿勢を楽にするのをイメージして行います。
カウンセリングと科学的な検査により原因となるところが骨・靭帯・筋肉・軟部組織にあるのか把握し、直接施術が可能な場合アプローチしていきます。
また直接できない場合でも、間接的にアプローチして体を楽にしていきます。

長期的にみて肩のコリや腰の痛みが楽になるような施術をしていきます。

つらい痛みを楽にするために、悪い姿勢を改善していきます。

カイロプラクティックは骨盤~背骨のゆがみを整え自己治癒力を高める治療法です。背骨の中には脊髄が通っており、背骨がゆがむと脊髄神経が阻害されます。その結果、脳からの命令が正しく伝えられず体調不良につながります。

調整により神経の流れが回復すると、自己治癒力が高まります。

ページの先頭へ戻る